web開発とその管理

PC

必要な能力について

web関連の仕事で人気の職種に、webディレクターがある。webディレクターは、web開発における監督業務を行う仕事であり、開発に当たり中心人物となる立場になる。webディレクターは、開発時の計画から開発中のメンバーの管理、顧客とのやりとりなどその業務は多岐にわたっている。その為、他の担当者に比べ仕事量が増えたり重責を担うことになる。しかしその分、中心的な立場で開発を進めていくため、その達成感は大きくなる仕事である。webディレクターになるためには、求人情報の中でwebディレクターの募集に対し応募する必要がある。求人情報では特に必須資格などは指定されていないことが通常であるが、web開発経験やプロジェクトリーダーの経験などを重視される傾向がある。web開発の経験を豊富に積んでいることで、どのように進めていくかを把握している可能性が上がるためである。webディレクターの手腕によりプロジェクトの成否が決まるということがある。その為、採用する側の企業においては経験値を特に重視する傾向となっている。またwebディレクターの求人においては、プロジェクト管理能力を重視するケースもある。web開発経験が無い場合やこれらの分野の経験が無い場合でも、プロジェクト管理能力があることで採用されるケースも多い。webディレクターでは、プロジェクトを管理する能力が重要となるため、求人する側も管理能力を重視していることがある。